【新刊】小さな家の物語

【新刊】小さな家の物語

通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

■紹介
「もし、自分がそこに住んだら、この小さな書斎に籠もりたくなるだろうとか、このおおらかな吹き抜けは気持ちがいいだろうとか、このテラスの木陰での読書や昼寝は気持ちいいだろうとか、この台所なら料理に精が出るだろうとか、この暖炉で火の世話をするのは愉しいだろうとか……そんなことを自分自身に引き寄せながら住宅を設計してきた」という建築家、中村好文。

その流儀は、1992年竣工、歳月を重ねることでさらに魅力を増した、70?ほどの小さなこの家にも生きている。

中村が屋外から室内まで案内し、工夫と知恵が生きる設計術を解説する。この家を縁あって友人3人とシェアすることになった経緯から、その愉しみ方まで、すべてがわかる1冊。


■著者プロフィール
中村 好文 (ナカムラ ヨシフミ) (著/文)
建築家。1948年千葉県生まれ。1972年 武蔵野美術大学建築学科卒業。吉村順三設計事務所等を経て、1981年レミングハウス設立。

「三谷さんの家」で吉岡賞受賞。「諸職の技術を生かした住宅」で吉田五十八賞特別賞受賞。1990~2018年 日本大学生産工学部建築工学科研究所教授。
主な著書に『住宅巡礼』『住宅巡礼・ふたたび』『普段着の住宅術』『住宅読本』『意中の建築』『普通の住宅、普通の別荘』『小屋から家へ』『集いの建築、円いの空間』『暮らしを旅する』他、多数。


■その他商品情報
出版:平凡社
判型・頁数:A5判、128ページ
発売日:2019年7月29日
(書誌情報は版元ドットコムより)