枯淡苑について

枯淡苑(こたんえん)は、長野県松本市の昭和初期に建てられた古民家にある「本とドライフラワー」のお店です。

店名の由来である「枯淡」は「世俗にとらわれない、ありのままの姿」を表し、「苑」という漢字は庭園や文壇を意味しています。

「枯淡であること」を、当店では「心身の調和と世俗からの自立を保てること」として捉え直し、枯淡苑を通じて調和(Harmony)と自立(Independence)を提供することをお店の存在理由としています。

そのため、枯淡苑の価値観を表すコンセプトは「Harmony & Independence」という言葉として表現しています。

あなたにとっての調和と自立を助けるお手伝いができれば、という思いで、本やドライフラワーをお届けするお店を営んでいます。

あなたが”インターネットとうまくつきあう”ことができるよう、Digital Well-being をテーマに、インターネットとの関わり方を考えられる本を主に扱っています。

「インターネットにもっとかかわりたい人」と 「インターネットから距離を置きたい人」に向けて、 本を通して自身と世間をかえりみる、 私たちのウェルビーイングを考えてみる、 そんなきっかけを提供します。

ドライフラワー

枯淡苑では、季節のドライフラワーを楽しむこともできます。北アルプスの麓にある自然豊かな信州松本では、山や野原、道端に咲く草花が季節の訪れを教えてくれます。

ふと目に留まる草花たち。可愛らしい姿にときめいたり、手にとって観察してみたり、ただぼうっと眺めるだけで、日常から離れ、ひと呼吸置く時間になっていることに気づき、今ではその時間が、私の生活で欠かせない要素となっています。

そんな草花をより身近に感じられるよう、枯淡苑では、ドライフラワーとして季節の草花をお届けしています。かわいた後も、風が吹き抜けるような生き生きとした姿で楽しめるよう乾かし方にこだわって制作しています。

また松本に咲く草花の風景を切り取ったイメージでデザインされたスワッグやリースを販売している他、ドライフラワーのレッスンも開催しています。